正倉院の宝物にも多く施されている螺鈿(らでん)の技術。元々は奈良時代に唐から輸入されたが、平安時代に漆技術の発達とともに急速に日本国内で発展を遂げた。貝を煮て外皮をはがして削っただけで、光を受けたら角度により色が変わる美しい貝片になる。これと漆器の技術が融合して日本の螺鈿技術は発達して

正倉院の宝物にも多く施されている螺鈿(らでん)の技術。元々は奈良時代に唐から輸入されたが、平安時代に漆技術の発達とともに急速に日本国内で発展を遂げた。貝を煮て外皮をはがして削っただけで、光を受けたら角度により色が変わる美しい貝片になる。これと漆器の技術が融合して日本の螺鈿技術は発達して
Photo via: blog.goo.ne.jp

  • Facebook
  • Google Plus